ユニクロのおすすめする定番ニットの選び方

uniqlo
uniqlo

 

春、秋に重宝するニットですが、定番品って選ぶのって難しくないですか?特に形や素材など悩み始めたら中々買えないんですよね。

そんな悩みを解決してくれるのがユニクロです。

「え?ユニクロ?」と思われがちですが、素材や色、形などコスパが良くて私もよく使い回しをしています。

今、「ユニクロのメンズケーブルニット」が女性に人気がありますね。

もちろん、メンズ用なので男性も似合いますよ。シャツの襟を出して、きれいめなパンツでコーデしたら間違いなくおしゃれですからね。

というわけで、今回は皆さんも購入経験があるだろうユニクロのおすすめする定番のニットの選び方を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

ニットの選ぶ基準「形」

ニットの形状で定番となるのはいくつかありますが、まずは首元から見ていきましょう。

色んな服装に合わせやすいVネック

シャツの襟を出したり、インナーは見せないように着てワイルドに魅せたりと使い勝手が良いアイテムの一つです。ぜひ一枚は欲しいシンプルな形です。

knit1

引用:http://www.uniqlo.com/

今年のトレンドのクルーネック(丸首)

シャツの襟をちょっと出してワンポイントのコーデ。さらっと一枚で羽織ってワイルドにも魅せられます。

knit2

引用:http://www.uniqlo.com/

仕事でもプライベートでも使えるカーディガン

私もよく使うカーディガンもおすすめです。写真のものはハイゲージ。網目を表す意味で、ハイゲージは細かい網目のことを言います。シャツでもロンTでも合わせやすいカーディガンは一枚持っておきたいアイテムです。

knit4

引用:http://www.uniqlo.com

ニットの選ぶ基準「素材」

定番のニットも季節や気温に合わせて使い分けないと、汗だくになったりします。となれば、ニットに使われている素材をチェックしておきたい ところ。

冬口~冬終わり:羊毛・カシミア など
生地の暑さにも関係しますが、ウールやカシミアはとても暖かく、寒い季節には重宝します。特にウールは見た目にも「あったかい」感じが伝わります。

使い分けの時期としては、11月~3月初旬までが無難ですね。その前後は薄手のコートで調整できます。そんな時は、スプリングコートはおすすめですね。

knit5

引用:http://www.uniqlo.com

春はじめ~秋口:リネン・綿・アクリルなど
軽く羽織れる素材で使えるのはリネンや綿などの素材です。見た目も軽く感じますし、実際に羽織ってもゴワゴワ感がありません。季節の変わり目にも大活躍します。色合いもパステルカラーなものもラインナップされていることが多いので、ぜひチェックしたいです。

knit6

引用:http://www.uniqlo.com

ニットの選ぶ基準「色」

ニットの色を選ぶのは、考え方があるので好みによってマチマチです。が、色んなコーデに合わせやすいニット色選びをした場合は

「グレー、ネイビー、黒」がおすすめ

いずれの色も、「白いシャツ」に合わせやすく、パンツの色も「白、黒、ジーンズ」どれにもマッチします。あとは着こなし方一つで、きれいめにもカジュアルにもコーデできますので、この3色を候補にしてショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

 ユニクロでニットを選ぶ際の参考になりましたか?ニットの素材は時期によって使い分け
  • 春秋の気温が下がりきらない時期は「リネンブレンド」「アクリル系」の軽い素材
  • 冬ならば「ウールブレンド」「カシミア」などの分厚めの見た目があったかい素材

がおすすめです。また、ニットの人気色でもある「黒、グレー、ネイビー」を店頭で自分の目でチェックしてみてください。袖口などの作りもしっかりしますし、着心地が軽いです。

参考にしてみてくださいね~おしまーい!

Sponsored Link

Sponsored Link

24時間買えるオンラインストア